完全個室夜行バスの料金が高い?設備紹介と新幹線とどちらが快適?

Pocket

関東バスが2017年1月18日より完全個室の豪華夜行バス『DREAM SLEEPER』の運行を開始すると発表しました!

夜行バスというとなかなか落ち着いて眠る事が出来ず、次の日に疲れを持ち越してしまう印象があります。
たまに関東から大阪に行く機会があり、新幹線を使っていましたが完全個室となると気になります。

今回はDREAM SLEEPER(ドリームスリーパー)の詳細や料金について、また新幹線とどちらが快適なのかご紹介して参ります。

Sponsored Link


完全個室夜行バスの詳細と料金は?

100000317_3872_2_image_url_1439535405-1000
出典:jp.pinterest.com

関東バスより完全個室の豪華バス『DREAM SLEEPER』が2017年1月18日(水)より運行開始すると発表されました。

ホテルで過ごしているかのような感覚で、東京から大阪までを快適に移動できるバスという事で非常に注目を集めています!

少しずつ個室の夜行バスが増えている中、今回は業界で初めて全室を『扉で仕切るタイプ』という事でより快適に過ごす事が出来そうですね。

私は少し前までよく関東から大阪へ移動していましたが、ほぼ新幹線を使っていました。

一度だけ夜行バスで移動した事がありますが、到着まで予想していたとりも時間がかかったように感じ、着いた時には疲労感と睡魔でとても1日動けなかった覚えがあります…。

座席は3列で比較的ゆったりとしたスペースがありましたが、やはり周りの音が気になってしまいました。

夜行バスでの移動に慣れている方は、もう少し快適に過ごせるコツを知っているのかもしれませんね。

今回関東バスが運行する『DREAM SLEEPER』(ドリームスリーパー)は、全11席全てが扉で仕切られた完全個室の豪華夜行バスです!

すでに公開されている画像を確認してみると、確かにこれまでの夜行バスと全く違い高級感もあります。

ネットカフェのような一室で、床から天井まできちんと仕切られているような印象を受けました。

床から天井まで仕切っていなかった場合ネットカフェに泊まっているように感じてしまいそうですね…笑

運行区間として、東京から大阪で、池袋西口〜なんば(大阪シティエアターミナル)〜門真車庫までです。

料金としては、
おとな 20,000円(運賃9000円+座席料金11,000円)
こども 15,500円(運賃4500円+座席料金11,000円)

完全個室の特別車両の為、運賃と座席料金がかかる事が分かっています!

一般的な夜行バスの料金を確認してみると4500〜6000円が多い中、この料金は高いと感じてしまう方も多いのではないでしょうか…。

3倍以上の値段を払って夜行バスで大阪まで行く事を考えると、それだけ快適に過ごせる豪華な設備が揃っている事なのでしょう。

東京→大阪行きの出発時刻
22時50分発:池袋西口7番のりば → 6時40分発:なんば(OCAT)→ 7時30分着:両備バス門真車庫

大阪→東京行きの出発時刻
21時50分発:両備バス門真車庫 → 22時40分発:なんば(OCAT)→ 6時40分着:池袋駅西口7番のりば

ちなみに中国バスの『DREAM SLEEPER』は完全個室ではありませんが、非常に高評価を得ています。

バス通が乗ってほしいと思う夜行バスランキングで1位を獲得しており、ワンランク上の快適な移動空間を体験出来るとの事ですよ!

東京から大阪間を夜行バスでより快適に過ごしたいと言う方にはオススメ出来そうですね。

関連記事:名古屋レゴランドのお土産オススメは?限定品やグッズ販売の予想まとめ


新幹線とどちらが快適?

Sponsored Link

東京から大阪へ向かうには夜行バスの他に新幹線が思いつくのではないでしょうか。

新幹線とどちらが快適に移動する事が出来るか気になりますね!

まず新幹線の『のぞみ』を利用し東京から新大阪まで向かった場合の料金です。

普通車自由席13,620円
普通車指定席14,450円
グリーン車 19,230円

料金だけで比較してしまうと『DREAM SLEEPER』が高いですね…。

また時間を比べても新幹線だと2時間半ほど、『DREAM SLEEPER』では8時間弱の為、あまり賢い移動手段ではないような気もしてしまいます。

しかし、中国バスの『DREAM SLEEPER』では新幹線以上に設備にこだわっており、
座席に使用されている『ゼログラビティシート』と快眠グッズのおかげで7時間以上も寝て過ごす事が出来たというコメントがあるほどです!

100000317_3874_2_image_url_1439548790-1000
出典:jp.pinterest.com

新幹線では乗客数が多く周りの音が聞こえて来る事が多いと思いますが、夜行バスでは乗客数が少なくほぼ100%に近い個室で過ごす事が出来る為、そういった音に関してもあまり気にせず過ごす事が出来そうです。

アイマスク、耳栓などアメニティグッズも充実している為、自分で準備する必要が無いのは嬉しいですね!

その他アロマやコンセント、イオン発生器ナノイーまで完備されています。
これはちょっとしたホテルのようですね…笑

こちらからどんな設備があるのか詳しく確認する事が出来ます!
中国バス『DREAM SLEEPER』の設備リンク

どちらが快適に過ごせるか考察してみると、新幹線よりもDREAM SLEEPERの方が個室でホテルのような設備の為快適に過ごせそうです!
ただし、移動時間を重視し程よくゆったり過ごしたいと言う方には新幹線の方が快適だと思われます。

DREAM SLEEPERの設備を見ていると、どれほど快適に過ごせるものか一度は乗ってみたくなります!


まとめ

100000317_3879_2_image_url_1439539199-1000
出典:jp.pinterest.com

・全11席が完全個室で自分だけの空間を持つ事が出来る。

・料金は大人20,000円こども15,500円と新幹線のグリーン車より高い。

・移動時間を考慮しなければDREAM SLEEPERの方が快適に過ごせそう。

関連記事:人工滝で滝行が出来る妙乗院の場所と行き方は?開催日と料金は?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link