辛い食べ物の辛さを緩和したり抑え方は?冷たいお茶や水は効果ない?


時々ふと辛いものって食べたくなりますよね!

実は私は辛い食べ物が苦手な方なのであまり食べません。
しかし、時々無性に食べたくなるのですが、食べ始めるともう後悔…。

何が後悔するかと言うと口の中がヒリヒリして、とても収まる気配がないんですよね。

今回は『これがあれば辛い食べ物にも挑戦できる!』というものをご紹介して参ります。

Sponsored Link


辛さの原因とは?

13709
出典:taspy.jp/13709

辛い食べ物と一口にいっても様々なものがあります。

『わさび』や『からし』、『とうがらし』など、一つ一つまた違った辛さがありますよね。

まずは辛さの原因についてご紹介して参ります。

辛味は味ではありません。

味じゃないなんてビックリですよね!

味というのは『苦味』『酸味』『甘味』『苦味』『旨味』といった、5つ味で構成されています。

ちなみにこの5つが含まれているソースがあります。

なんだと思いますか…?

実は、『スイートチリソース』というソースです!

タイ料理でよく使われ、生春巻きに付けて食べる事が多いですね。

全ての旨味が含まれているという事は、理論上どんなものにでも合います!
ソースに困った時にはお好みで試してみてくださいね。

さて辛味に戻りますが、辛味は味ではないとお話ししました。

口に含んだ際ヒリヒリとしたり、熱いと感じる事がありますよね。
そのため脳は痛覚または温覚として処理されます。


『わらび』や『からし』の辛さの原因

『わさび』『からし』『ネギ』といった清涼感のある辛さの原因としては、硫化アリルまたはアリルイソチオシアネートという成分です。

健康効果として、

・抗酸化作用によって活性酸素を除去

・代謝を高めて脂肪を付きにくくする

・ガンや生活習慣病の予防

・血栓など血行障害の予防

などの効果があります。

こうしてみると非常に健康に良い成分である事が分かりますね!

わさびの辛さは好きなので、今後はいつも以上に入れてしまいそうです…笑


『唐辛子』の辛さの原因

『唐辛子』の辛さの原因としては、カプサイシンという成分が関係してきます。

この物質には、体を温める効果や発汗をうながす効果があり、口がヒリヒリしたり、辛さによる痛みといった刺激が与えられます。

健康効果として、

・消化器を刺激する事による食欲増進作用

・新陳代謝を活発にし肥満予防

・ビタミンAやビタミンCを多く含むため抗酸化作用

などの効果があります。

夏バテをした時って食欲が落ちてしまいがちです。

そんな時に摂取すると夏バテ解消に役立ちますし、肥満防止やアンチエイジングにもなるという健康に良い成分です!

ですが、カプサイシンに関しては毒性があるとの報告もあります。

実は致死量が決められており、1Kgあたり60〜75mgを摂取すると死に至る可能性があります…。

具体的には『唐辛子だけを1Kgを摂取しないといけない』ため、なかなか現実的な数字ではないですよね!


『ショウガ』『サンショウ』の辛さの原因

ショウガも上記で説明したものとまた違った辛さがありますよね。

そんな辛さの原因としては、生姜にはゲンゲロールまたショウガオール、山椒にはサンショオールという成分が関係してきます。

生姜に含まれている2種類の成分には、
ゲンゲロールは生ショウガに含まれている成分で、体の深部の熱を手先や足先へ運ぶ効果があります。

ショウガオールは加熱したショウガに含まれている成分で、体の深部の熱を新たに作り出して温める効果があります。

健康効果として、

・身体を温める事で血行が良くなる

・栄養素や酸素が循環し免疫力アップ

よく冷え性の改善に紹介されていますが、ショウガオールの方が冷え性に有効とされています。

生の状態と加熱した状態で効能が変わってきて面白いですよね!

両方摂取するとより効率的に温まる事ができますよ!

寒い時期やエアコンで冷えてしまった体に効果的ですね。

山椒に含まれるサンショオールですが、ほとんど辛さというものはなく、舌が痺れる程度です。

健康効果として、
防腐効果のため毒消し
消化促進
基礎代謝の活性化

などの効果があります。

山椒はうなぎに合わせて食べるのが一般的ではないでしょうか。

しかし、山椒をかけると人間の味覚が鋭敏になり、他の食材の味がよく分かるようになります。

そのためうなぎ以外にも使える万能調味料としてお使い頂けます!


辛さを抑える方法は?

Sponsored Link

さて、ここからは辛さを和らげる方法をご紹介していきます。

それぞれ辛さの成分が違うため、成分にあった対処法があります!

『わさび』『からし』などの辛さは揮発性のため、温かいお茶を飲んで洗い流すと緩和されますよ。

よく辛いからと冷たい水を飲む方がいらっしゃるかと思いますが、冷たいとより辛さが強まってしまいます!

『わさび』『からし』を対処する時には、温かいお茶がオススメです!

また『唐辛子』の辛さは水に溶けにくい性質を持っています。

そのため水やお茶を含んでも、なかなか辛さから解放されないのです…。

私もあまりの辛さに水を摂取していましたが、やはり全く辛さから解放されることはありませんでした…笑

そんな『唐辛子』には、乳製品、ヨーグルト、牛乳などが効果出来ですよ!

インド料理店ではラッシーがあると思いますが、これは辛さを和らげるためのものだったんですね。

また苦いものや酸味があるコーヒーやお酢、パイナップル、トマトなどを加えるのも効果的です。

『ショウガ』『サンショウ』の辛さですが、

ショウガは加熱すると辛味が少なくなります。

あとはハチミツも効果的ですよ!

料理に合わせて使用してみてくださいね。
サンショウの辛さについては、温かいお茶かミルクが効果的ですよ!


まとめ

196bd9d31ab340aee1e936eb1020afd8
出典:lucky088.com

・辛味は味ではなく、痛みである!

・辛さにも様々な成分があり、それぞれ適した食べ物や飲み物がある!

・冷たい水は辛味成分を口いっぱいに広げてしまうため温かい飲み物がオススメ!

関連記事:神保町のカレーは美味しい?駅近でランチにもオススメなお店とは…?

辛いからといって何でも水で洗い流してしまうのは、
良くない事がわかりましたね。

それぞれの成分にあった飲み物や食べ物を一緒に摂取して、
あの辛さから解放されましょう!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link