爬虫類ハンター加藤英明のプロフィールは?国内の危険生物やブログは?

この記事は3分で読めます

05%e5%8a%a0%e8%97%a4%e8%8b%b1%e6%98%8e%e5%85%88%e7%94%9f%ef%bc%88%e3%82%a6%e3%82%ba%e3%83%99%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%ef%bc%89
Sponsored Link


爬虫類ハンターとして加藤英明さんが『クレイジージャーニー』に出演されると話題になっていますね!
日本では外来種の生物が生態系を壊しているという話を耳にする機会があります。
ハンターと言うからには、外来種の爬虫類をしっかり捕獲して観察している可能性がありますね。
今回は爬虫類ハンター加藤英明さんのプロフィールについて、また国内の危険生物やブログについてご紹介して参ります。


爬虫類ハンター加藤英明のプロフィールは?

爬虫類ハンターは講師兼ラジオパーソナリティ?

05%e5%8a%a0%e8%97%a4%e8%8b%b1%e6%98%8e%e5%85%88%e7%94%9f%ef%bc%88%e3%82%a6%e3%82%ba%e3%83%99%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%ef%bc%89
出典:shizutan.jp

名前:加藤英明(かとうひであき)
生年月日:1979年(36また37歳)
出身地:静岡県
職業:静岡大学教育学部講師、東海大学非常勤講師

2015年2月1日のニュースで35歳という紹介があったため、現在36歳の可能性がありますね。
誕生日としては2月〜3月中ではないかと予想します。

爬虫類ハンターの加藤英明さんは静岡大学で講師として、また東海大学と放送大学では非常勤講師として活動されています。
やはり爬虫類ハンターという事もあり、研究分野は生物学を教えられています。
主にカメやトカゲの保全生態学の研究を行っており、学校や地域社会の環境教育活動をされています。

最近ニュースで時々カメに噛まれ重傷を負ったという報道がありますよね…。
また危険性を知らずに遭遇して、可愛いからと手を伸ばしてしまう事もあるかと思います!

大学の講師を務めるほどの方が、カメやトカゲの危険性や環境へどういった影響を与えているのか、色々と教えて頂ける機会があると思うと非常に心強いですね!

他にもラジオでも加藤英明さんのお話を聞く事が出来ますよ!
『ヒデ博士の環境スクールFM-Hi76.9』2017年1月まで放送される予定のようです。
2009年からずっとラジオを続けられている為、この番組が終了したとしても新しく放送されそうですね。

爬虫類ハンターの著書がある?

大学の講師として活躍される加藤英明さんですが、カメやトカゲに関する著書が出版されています!

世界ぐるっと 爬虫類探しの旅 ~不思議なカメとトカゲに会いに行く
世界のカメやトカゲについて9つの地域ごとにまとめられています。

世界ぐるっと爬虫類探しの旅のリンク

某サイトの評価では全て星5つと非常に高く、環境問題や生態系といった自由研究の参考になるというコメントもありますね!
加藤英明さんがいかに爬虫類を愛しているかが分かる一冊となっているようです笑
私自身カメやトカゲに興味がある為、非常に気になる一冊です…。
小さいお子様には『世界にはこんな生物がいるんだよ!』と読んで見せたい一冊ですね!

爬虫類ハンターの年収は?

普段大学の講師、非常勤講師として働かれており、ラジオや本の出版もされています。
そうなるとこれまで出演されてきたクレイジージャーニーの方達より年収が高そうですよね…!

大学講師の年収のグラフがあったので見てみましょう。

ba7a4b42b82596312b7aa89c38fa5772
出典:http://careergarden.jp
この年齢別で確認すると939万円という事になります!
多少前後する可能性は考えられますが、
非常勤講師やラジオ、本の印税を含めると軽く1000万円は超えていそうですね…笑

関連記事:ストームチェイサー青木豊のプロフィールは?年収とTwitterやブログは?


国内の危険生物はどれ?

Sponsored Link

大学の研究でカメやトカゲの保全生態学の研究を行っている加藤英明さんですが、
国内の危険なカメやトカゲはどれなのか気になりますよね!

ニュースでは『カミツキガメ』が危険という報道をよく目にする機会がありますが、
その他にはどんな生物が危険なのでしょうか?

実は爬虫類ハンター加藤英明さんはブログを開設されており、
こちらから確認する事が出来ますよ!
爬虫類ハンター加藤英明のブログ

一通り見てみると、『ワニガメ』や『カミツキガメ』、『ミドリガメ』、『フトマユチズガメ』といった爬虫類が取り上げられています。

内容としては、
どういった場所に生息していてどんな特徴があるのか
噛みつく危険性があるのか
遺伝子汚染の可能性はあるのか
など分かりやすくまとめられています!

国内の外来種が増えている中、有益な情報が簡単にまとめられていて非常に参考になりますね!
ニホンイシガメの絶滅を食い止める脱出スロープなど在来種を守る方法も紹介されていますね。


まとめ

11179
出典:hama-midorinokyokai.or.jp

・加藤英明さんは静岡大学の講師や東海大学の非常勤講師を務めている。

・カメやトカゲの保全生態学の研究を行っている。

・講師や本の印税などを合わせ年収は1000万円を超えていると予想。

・国内の危険生物をブログで分かりやすく確認する事が出来る!

関連記事:お風呂のソムリエ松永武のプロフィールは?バスグッズの選び方やブログは?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

201107301600

ニュースや気になる事を運営者wataruが
簡単かつ分かりやすく記事にまとめ、
ご紹介していくサイトです!
詳しいプロフィールはこちら!

ポーターを修理したいけど期間や料金が気になる!

鎌倉gramで世界に一つだけの指輪をお手頃価格で作りたい!

男女兼用でオンオフ問わず使えるレザーバッグはこれ!

街中で良く見かけるペンギンロゴ、実はペンギンじゃない?