秋篠宮さまが皇太子で年収はどのぐらい?生前退位で数億円に増える?


1日に天皇の生前退位を実現する為に、秋篠宮さまが皇太子待遇となる方針だと報道されています。
現在の皇室典範(こうしつてんぱん)と言われる皇室に関する法律には生前退位の規定がない為、決まれば天皇は新たに上皇として位置付けられます。

少し前には上皇が誕生するのは約200年ぶりという事で話題にもなりましたね!
一部では200年ぶりと聞くと『生きている内に上皇に会える』『テンションがあがる』といった声も上がっています。

今回は秋篠宮さまが皇太子になる事で年収の変化について、また天皇皇后両陛下が退位し上皇になった場合の待遇ついて考察して参ります。
Sponsored Link


秋篠宮さまが皇太子になると年収は?


出典:komekami.sakura.ne.jp

昨年今上天皇が生前退位の意思を表明し、日本をはじめ海外から高い関心を集めていました!

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では意外と多く高齢や健康上の理由から生前退位をしている所が多く見受けられます。
退位している方の多くは70歳から80歳の間で、今上天皇は82歳の為退位していてもおかしくありませんよね。

実際82歳で公務をされている事を考慮すると、もうゆっくり休まれても良いのではと感じてしまいます…。

そんな中、天皇皇后両陛下が生前退位した場合、秋篠宮さまが『皇太子』となる方向だというニュースが報道されました!

現在の皇太子は徳仁親王ですが、生前退位が実現されれば天皇になり、その次の皇位継承資格者である秋篠宮さまが『皇太子』となるとされています。

そこで気になったのは、秋篠宮さまが皇太子になると年収はどう変化するのでしょうか?

実際には年収とまた違っていますが、収入として皇室費が年収にあたります。

この皇室費には『内廷費』『宮廷費』『皇族費』の3つに分けられ、法律によって定額が決められています。

詳しく見てみると、

『内廷費』
天皇・内廷にある皇族の日常の費用その他内廷諸費に充てるもので、法律により定額が定められています。
2016年は3億2400万円。

『宮廷費』
儀式、国賓・公賓等の接遇、行幸啓、外国ご訪問など皇室の公的ご活動等に必要な経費や皇室用財産の管理に必要な経費、皇居等の施設の整備に必要な経費。

『皇族費』
皇族としての品位保持の資に充てるためのもので、各宮家の皇族に対し年額により支出されます。
平成26年度は3050万円。

出典:nenshuu.net

現在秋篠宮さまは皇族の為、3050万円の収入があります!

しかし奥さんや子供が居た場合、一人一人法律で年額が決められており、奥さんには半額の1525万円、20歳以上の子供には915万円、20歳未満の子供には305万円となります。
秋篠宮家では奥さんと20歳以上の子供二人、20歳未満の子供一人いる為、合計6710万円という計算になります!

そして皇太子になった場合の年収を考察してみると、
皇族費が内廷費へ新たに変わる為、2016年の場合で見てみると6710万円から3億2400万円の収入に大幅に上がる事が分かります!

ただし、実際には天皇皇后両陛下が1億6200万円、皇太子一家が1億6200万円と半分ずつの為、秋篠宮さまも皇太子となった場合この金額になる可能性が高そうです。

関連記事:阿佐ヶ谷姉妹の年収は?本当の姉妹じゃない二人が同居する住まいは?


上皇になると待遇が今より悪くなる?

Sponsored Link

天皇陛下は式典などが無い時はゆっくりされていると思われる方も多いと思いますが、あまりにも多忙で私自身非常に驚いてしまいました!

年間休日にすると100日以下という事で、天皇皇后両陛下の代役が居ない事を考慮するとその負担やプレッシャーは物凄いものだと思います。

ある時にはインフルエンザになっても症状を見ながら公務を検討するという報道が出てネットを中心に話題になりましたね…。

興味がある方は一度その激務ぶりを確認しても良いかもしれません…。

これはなかなかのブラックぶりだと思います…。

こちらからこれまでのご日程を確認する事が出来ます!
天皇皇后両陛下のご日程

では生前退位をした場合、天皇皇后両陛下の待遇は今よりも悪くなるのでしょうか?

やはり退位した場合は待遇として、今よりも悪くなる事は避けられないと思います。

今後仕事が少なくなる事を考えると、実際に天皇として働いている方よりも支給される金額は少なくなりそうです。

しかしこれまで有給はもちろん、体調が悪くなっても休めず頑張ってこられた事を考えると、せめて1億6200万円から3050万円の間ぐらいの待遇があっても良いと感じてしまいます…。

皇族費を考慮すると上皇としての品位保持の為、お二人で8000万円〜1億円ぐらいあっても良いのではないでしょうか。

もしかすると上皇となった際には、お金よりもゆっくり過ごす時間の方が大切かもしれませんね。
さすがに旅行は難しいと思いますが、趣味や好きな事に時間を使ってゆっくり過ごして欲しいと思います。


まとめ


出典:upload.wikimedia.org

・秋篠宮さまが『皇太子』待遇となった場合、年収1億6200万円ぐらいと予想。

・天皇陛下が生前退位した場合、今よりも待遇が悪くなる可能性がある。

・上皇として品位保持を考慮するとお二人で8000万〜1億円ぐらいあっても良さそう。

関連記事:堀北真希の年収はいくら?4月に芸能界を引退を本当に考えている?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!
Sponsored Link