2018年夏は猛暑でうだるような暑さ?ラニーニャ現象と予想気温まとめ


2018年も春を迎えましたが、気温が上がってくると夏の暑さが気になります!

2017〜2018年の冬が寒かった分、今年は猛暑になるのか心配ですよね…。

個人的には冷夏の方が過ごしやすいですが、農作物への影響を考えるとそうも言えません。

今回は2018年は猛暑で気温はいくつまで上がるかの予想と、ラニーニャ現象とはどんなものかご紹介して参ります!

Sponsored Link


2018年夏の気温は?

YMD93_mugiwaraboutoumi_TP_V

今年の夏の予想気温ですが、どうやら猛暑になる可能性が高いと予想されています!

気象庁の発表によると、6〜8月は『全国的に暖かい空気に覆われやすく、夏の気温は東日本以西で高く、北日本でも平年並みか高い見込み』と発表されています。

猛暑になると周りの気温が体温よりも高く、呼吸をする事すら辛く感じますよね。

小さいお子さんがいるご家庭では、熱中症にならないか心配する日が続きそうです…。

また2018年の6〜8月の降水量や晴れの日について、

北・東・西日本では、夏の降水量はほぼ平年並の見込みです。
東・西日本では、夏の後半は太平洋高気圧に覆われやすく、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。
沖縄・奄美では、太平洋高気圧に覆われやすく、夏の降水量は平年並か少ない見込み です。
出典:jma.go.jp

今回2018年の夏は猛暑という予想が立った理由として、高気圧がダブルで本州付近に停滞する可能性があるからです!

その高気圧とは、『チベット高気圧』と『太平洋高気圧』で、2つも高気圧があることで、暖気が地上付近に流れやすくなり、例年以上に気温が上がりやすいと予想されています。

ちなみによく猛暑の原因として考えられる『ラニーニャ現象』ですが春までに終息する見込みです。

この2つの高気圧の影響で気温がどこまであがるのか心配ですよね….。

もしかすると平均気温30度を超え、連日最高気温35度を超える日が続くのではないでしょうか。

ちなみに2010年にはラニーニャ現象の影響で、夏の平均気温は北日本から西日本にかけてかなり高くなりました。

統計を取り始めた1946年以降第1位の猛暑でした!

岐阜県多治見では39.4℃が記録されています!

35度付近になると暑いという感覚が麻痺してきます…。

猛暑になると『熱帯夜』が続き夜になっても気温が25度以下に下がらず、寝るに寝られない日々が続きます。

少しでも涼しく過ごせるように、今から準備を始めても良いのかもしれません。

2017-2018冬の寒さはシベリアのような厳冬?予想気温や積雪量まとめ

2017.06.18

ラニーニャ現象って何?

Sponsored Link

今年はラニーニャ現象の影響は受けないと言われていますが、毎年夏がやってくると出てくる言葉なので簡単に解説して参ります!

名前の由来

『ラニーニャ現象』は、南米沖の海面温度が急激に下がる事で起きる異常気象の一つです。

反対に『エルニーニョ現象』は海面温度が急激に上がります。

日本の梅雨のように毎年決まった時期に天候が変化するわけではない為予測しにくいのが特長です!

何故こんな分かりにくい『ラニーニャ』という名前なのかと思いますよね。

実は上記で少し取り上げた『エルニーニョ』と『ラニーニャ』、なんとなく似ていると思いませんか?

すでに気づいた方がいらっしゃるかと思いますが、海面温度の上昇と下降の対を成すため、
『ラニーニャ』が女の子『エルニーニョ』が男の子をそれぞれ意味する名前が付けられているんです!

こうして意味が分かると分かりやすいですよね。

『ラニーニャ』の方が音の響きが可愛い気がします笑

日本への影響は?

ラニーニャ現象が起こっていると日本には乾燥した空気が流れ込み、梅雨前線北へが飛ばされてしまい梅雨が短くなる傾向があります。

その為梅雨が短い事により猛暑になったり、水不足や農作物へ深刻な被害が出てきます。

2018年はラニーニャ現象の影響を受けない事を考慮すると、水不足や農作物への影響は少ないのかなと予想しています。

また夏がラニーニャ現象による猛暑であった場合、その年の冬は寒冬になると言われています。

夏がひたすら暑く、冬は凍える寒さなんて本当にやめて欲しいですね…笑

また農作物への被害も深刻になる為、野菜や果物といった経済損失も生まれてきます。

予測が出来れば被害を最小限に抑える事が出来ますが、地球温暖化の影響からこの気象現象が発生しており、異常気象が起きやすい環境が作られつつあります。

少しでも地球温暖化を食い止める行動をしなくてはいけませんね。


まとめ

・2018年の夏は猛暑である可能性が高い!

・猛暑の原因としてダブル高気圧の影響を受けて気温が上がりやすい予想されている。

・エルニーニョ現象とラニーニャ現象は対をなしており、海面温度の上昇また下降で判断される。

2017夏の暑さは猛暑で砂漠のよう?予想気温とラニーニャ現象の影響は?

2016.12.26

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んでいただいて、
有難うございました!

Sponsored Link