青酸ソーダを紛失した北九州市工場の場所は?コタベ小倉営業所から盗難された?


北九州市は31日に化学薬品卸業者から、青酸ソーダ約1キロがなくなったと発表しました。

青酸ソーダの主な用途はメッキなどに使われますが、毒性が強く約1キロで5000人分の致死量に相当するとの事です…。

今回は青酸ソーダを紛失した北九州市工場の場所について、どのような状況だったのかまとめて参ります。
Sponsored Link


青酸ソーダを紛失したコタベ小倉営業所の場所は?

1月31日に山口県下関市にある『株式会社コタベ』の小倉営業所から青酸ソーダが紛失したと北九州市が発表しています。

この会社は主に化学工業薬品を取り扱っています。

取扱商品を詳しく見てみると、青酸ソーダを含むメッキ薬品の他に、上下水道への各種薬品や酸素、窒素などの工業用ガス、iPhoneやAndroidなどのスマホで使われているレアアースを取り扱っています。

青酸ソーダの主な用途は電子部品の金メッキに使われる添加剤で、身近なものであればオーディオのプラグの金メッキなどがそうですね。

今回青酸ソーダ約1キロを紛失したと発表していますが、毒性が強く5000人相当の致死量になるとの事…。

これまで青酸ソーダが使われた事件も実際に発生していて、1959年のグリコ森永事件では、全国のスーパーに青酸ソーダ入りのお菓子がばら撒かれました。

2016年には、このグリコ森永事件をモデルにした『罪の声』という小説も非常に注目を集めました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

罪の声 [ 塩田 武士 ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2018/2/1時点)

 

きちん使用すれば生活を豊かにしてくれる薬品ですが、使い方を間違えると重大な事件に発展する非常に危険な物質である事が分かります。

コタベの小倉営業所の場所を確認してみます。

色々な会社の工場や営業所が集まっている所に面している事が分かります。

時間帯にもよりますが、やはりこういった場所は明るいうちでも人通りは少ない方ではないでしょうか。

防水スプレーを吸い込むと有害?危険性と呼吸困難や肺炎の症状は?

2016.10.02

紛失した状況は?

Sponsored Link

紛失が発覚したのは31日の午前10時ごろと発表されています。

そして、周囲を探しても見つからなかった為、その日の夕方頃警察に届け出をしています。

30日の段階では紛失していなかったと話しているため、やはり盗難という可能性が非常に高そうです…。

青酸ソーダの危険性については上記でも少し解説していますが、危険性が非常に高い為、管理を厳重にしてシャッター付きの倉庫内で二重に施錠していたようです。

前日と当日の数が合わない事を発表している事から、毎回数が合っているかきちんと管理していた事が分かります。

ちなみに小倉営業所の従業員は13名おり、この内10人前後が倉庫に立ち入る事が出来たと発表しています。

北九州市の保健所は毒劇物取締法に基づき、警察に届けるように指導し対応しています。

紛失した青酸ソーダは、500g入りの容器で2本との事なので、容器自体の重さは分かりませんが持ち運ぼうと思えば簡単に持ち運ぶことは出来そうです…。

500mlペットボトル2本で致死量5000人相当と考えると本当に恐ろしいです….。

今後何か悪意のある使われ方をしないよう、少しでも早く見つかる事を願っています。


まとめ

・青酸ソーダは電子部品の金メッキに使われる添加剤として使用。

・1959年にお菓子に青酸ソーダを混入させた重大事件が発生した。

・前日は紛失していなかったため、盗難の可能性が非常に高いと推測。

電磁パルス攻撃(EMP)の対策と防御方法は?人体への影響や地下駐車の車は使える?

2017.09.05

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link