はんにゃ川島が死にかけた?腎臓ガンの原因と保険など対処方法

この記事は3分で読めます

615
Sponsored Link


お笑いコンビの『はんにゃ』川島章良さんが、
『しくじり先生 俺みたいになるな‼︎2時間スペシャル』に出演され、
2015年に腎臓がんが見つかっていた事を告白し話題となっていますね。

当時まだ32歳だったとのことで、
確率的にはまだあまり発症しづらい年齢でした。

今回は腎臓がんの原因やがんになったときの対応をご紹介して参ります。


はんにゃ川島はどうやって回復した?

615

写真引用:http://search.yoshimoto.co.jp

まず気になる今回のケースをお話しします。
はんにゃ川島さんは、
2015年2月3日に9歳年下の一般女性と結婚しました。
結婚を決めた2014年11月に健康診断を受け、
そこではじめて腎臓がんと判明しました。

その後2015年1月の正月休みを利用し1週間ほど入院。
開腹手術を受けて腫瘍を摘出しています。
現在は良好で半年に1度定期健診を受けているとの事です。

今回のケースとしては、
健康診断で発見され比較的初期の状態だったため、
大事には至らず回復する事が出来ています。

初期の段階ではほとんど症状が現れない癌のため、
健康診断で見つかって本当に良かったですよね!
男性だと腎臓がんになりやすい年齢が50〜80歳にかけて多いため、
発見された時には非常に驚かれた事と思います。
 
やはり健康診断は面倒だと思わず、
定期的に受けないとあとで恐ろしい事になりますね!

ちなみに直径5cmを超えると何らかの症状が出始めます。
主な症状としては、
腹部の疼痛
血尿
腹部のしこり
水腎症
食欲不振、体重減少
全身倦怠感、発熱、貧血
以上が挙げられます。


腎臓がんの原因は?

Sponsored Link

腎臓がんが発生する原因としては、
環境や生活環境が関係しているとされています。
また『たばこ』『動物脂肪』も関係しています。
 

『動物脂肪』が多く含まれている食材として、
動物性油
肉の脂身(特にロース、サーロイン)
ベーコン、ソーセージ
うなぎ、あんこうの肝
生クリーム、チーズ、アイスクリームなど乳製品を凝縮したもの
などがあります。

これらは食事やおつまみ、おやつとしてどうしても食べる機会が多いですよね!
とくに居酒屋で飲みながら『たばこ』を吸い、
揚げ物など『動物脂肪』が多い肉類をおつまみにお酒を飲みます。
ちょっと不安になった方いらっしゃるのではありませんか?
こういった生活環境が一番の原因とされています。

ある研究の報告では、
日本より北欧諸国の方が発症が高いです。
これは日本人は昔からヘルシーな日本食を主食に食べてきた事が発症が少ない原因と考えます。

腎臓がんを防ぐ方法として、
健康診断を定期的に受けバランス良く食事をする事が近道かもしれませんね!

腎臓がんの治療方法として、
抗がん剤や放射線治療はほとんど効果がないと言われています。
腎臓は2つあり片方が2つ分機能するため、
基本的には手術で治療していきます。
初期の場合だと腎臓の一部を切除する場合もあります。


『がん』になった時の保険は?

imgBillboar01

写真引用:aflac.co.jp

がん保険の真実

『がん』保険というとアフラックが真っ先に思い浮かぶと思います。
アフラックは市場全体の74%を占める割合です。
 
『がん』保険というと、
他の国でも大々的に市場が拡大されていそうですが、
なんと日本と韓国、台湾の3国しか普及していないそうです。
 
他の国は心臓病や脳梗塞など含まれている『重大疾病保険』として販売されています。
上記の3国は『がん』にとても心配性な国とも言えるかもしれませんね。
 

『日本人の2人に1人がガンになる』と言うCMをよく耳にすると思いますが、
実際は高齢者ががんを発症しやすいため、
50歳までで統計を取りなおすと極端に減りますよ!
 

心配だからと保険に加入する事も大事ですが、
年齢や健康状態を考慮して加入のも大事かもしれませんね。

終身型と定期型

がん保険には終身型と定期型の2種類があります。

終身型のメリット
一生保証が続く
保険料が上がらない
終身型のデメリット
主な保証内容が更新されない
インフレリスクに対応できない
解約をしてしまうと損
 

定期型のメリット
年齢が若ければ保険料が安い
更新時に見直しができる
定期型のデメリット
更新時に保険料が上がる
60歳以降の保険料が特に高くなる
更新できる年齢が定められている
 

終身型は一生涯保険料を支払い続けます。
特約など細かい部分の変更は出来ますが、
主な内容が変わらないため、
その時その時の内容の見直しが出来ない事が不安ですね。
 
また終身型は年齢が高くなった際の保険料を若い時から支払うため、
保険料が高めに設定されています。
もし契約されているとすれば解約すると損ですよ!

どちらにしても保険は選ばなければならないと思います。
がんは高齢になるほど発症しやすいですが、
75歳を過ぎれば『後期高齢者医療制度』を利用して医療費も下がります。
そのためがん保険に入っていなくても、
そこまで心配はいらないようです。
そうするとやはり見直しが出来る更新型がオススメだと思いますね!
 
少しずつ保険料は上がってしまいますが、
公的医療保険とうまく組み合わせて活用したいですね!

 
今回は『はんにゃ』川島さんが告白した腎臓がんについてお話ししました。
なかなかその立場に置かれないと知る機会が少ないと思います。
少しでもお役に立つ事が出来れば嬉しいと思います。

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

201107301600

ニュースや気になる事を運営者wataruが
簡単かつ分かりやすく記事にまとめ、
ご紹介していくサイトです!
詳しいプロフィールはこちら!

ポーターを修理したいけど期間や料金が気になる!

鎌倉gramで世界に一つだけの指輪をお手頃価格で作りたい!

男女兼用でオンオフ問わず使えるレザーバッグはこれ!

街中で良く見かけるペンギンロゴ、実はペンギンじゃない?