日本のエスプーマの危険性や交換など保証は?製造年月日で爆発や事故を防げる?

Pocket

フランスで有名なブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが『エスプーマ』という調理器具の事故で亡くなったと報道されています。

ニュースを見た時、調理器具の事故で亡くなるだなんて、どこかの工場の事故に遭ってしまったのかと思いました。
どうやら泡状クリームを作る事が出来る家庭用調理器具のようです…。

今回はエスプーマの危険性や日本での保証について、また事故を防ぐ手段について考察して参ります。
Sponsored Link


エスプーマの危険性は?


出典:espuma-advance.jp

エスプーマという調理器具の事故でフランスの女性がなくなっていますが、一体どれほどの危険性を秘めているのでしょうか?

早速、エスプーマが一体どんな器具なのか調べてみました。

泡状クリームを作れる家庭用調理器具ですが、少し前から流行っている家庭で炭酸水を作る事が出来る『ソーダストリーム』のようにガスを使用製品と構造が似ているなぁと感じました。

エスプーマは液状の食材に亜酸化窒素を混ぜ、泡状クリーム(ムース状)にする調理器具です。

食材の味や香りを損なわない為、洋食や和食問わず様々な料理に使用する事が可能です。
かき氷やゼリーなどデザートなんかすごく美味しそうです!

ただ事故が発生する危険性を考えると、調理する方が心配なので気が引けてしまいます…。


出典:instagram.com
上記の画像はレベッカ・ビュルジェールさんのご家族が、実際に事故が発生したエスプーマをインスタグラムで公開しています。

コメントにはメーカーや製造年月日などの記載がない為、どのメーカーか分からない状態ですがフランス製だと推測します。

今回は最悪の事態となってしまいましたが、これまでにエスプーマが原因で失明や歯が折れたりする事故が発生していました…。

どうやら高圧ガスを使用する際、器具上部がプラスチック製だった為、圧力に耐えられず破損していたようです。

2015年以降は改良されていますが、2016年に一部のメーカーが事故のリスクが残っていると発表し、そのメーカーは販売を中止しています。

エスプーマは日本でも販売されていますが、今の所そういった大きな事故は発表されていません。

きっとエスプーマ本体を金属製パーツに変更したり、安心して使用出来るようにしているのではないでしょうか。

ただ海外でこういった事故があると不安が残りますね…。

関連記事:防水スプレーを吸い込むと有害?危険性と呼吸困難や肺炎の症状は?


製造年月日で爆発や事故を防げる?

Sponsored Link

製造年月日で爆発や事故を防ぐ事は出来るのでしょうか?

上記でもご紹介しましたが、フランスでは2015年以降のものは安全性が改善されているとの事です。

日本ではメーカーにもよりますが、保証としては初期不良であれば交換して貰えるそうです。

あとは定期的な点検や修理をして、少しでも気になる点があれば相談し事故を未然に防ぎたいところです。

私としては料理が好きでエスプーマは気になっていましたが、爆発する危険性がある事を考えると使用は控えたいなぁと感じています…。

カフェや飲食店でエスプーマを使用する方もいらっしゃると思いますが、高圧ガスを使用している為、火の近くで使用する事は絶対に控えましょう…。

引火して爆発する危険性が考えられます!

またもしも今後エスプーマを購入したいと考えている方は、2015年以降に製造された製品やガスボンベを購入すると良いと思います。

最近メルカリなどで中古品を手軽に購入する事が出来ますが、そういった所で購入する際はより一層注意が必要ですね!


まとめ


出典:pictkan.com

・これまで失明や歯が折れたり事故が発生していた。

・2015年以降に製造された製品であれば安全性が改善されている。

・製造年月日を確認し、何か気になる点があればメーカーへ相談する。

関連記事:日本の抗菌せっけんも危険?免疫力が低下する可能性と商品名は?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link