2017-2018冬の寒さはシベリアのような厳冬?予想気温や積雪量まとめ


2017夏は猛暑になると発表されていますが、2017-2018年の冬はどうなるのでしょうか。

まさか昨年のように11月に雪が降り秋がほとんどないまま冬になってしまうのでしょうか?

今回は2017-2018年冬の寒さや積雪量、気温を予想して参ります!
Sponsored Link


2017-2018年冬の寒さは?

11月中旬を迎え朝晩の寒さが厳しくなってきました!

先日東京では5.5℃と今年の最低気温を観測し、急激な温度変化で体調を崩される方も多いのではないでしょうか?

そんな私も喉と鼻の調子が悪く、どうやら風邪をひいてしまったようで市販薬の『ペラック』に助けを求めています笑

いよいよ11月19日以降冬本番のようなので、ここから冬の寒さが続きます。
外出する際にはコートはもちろん、マフラーや手袋を利用し出来る限り暖かくして出かけたいですね!

さて、今年の夏は東京都心で37℃を記録するほど暑い日がありましたが、その後冬の寒さはどうなるのでしょうか?

これまでの傾向から『夏が猛暑だと冬は厳冬になる』と言われています。

昨年は史上最も暑い年になると予想され、予想通り猛暑になりました!

さすがに40℃を超える所はありませんでしたが、岐阜県多治見市で39.7℃を記録しておりほぼ40℃ですね…。

その後11月に雪が降り秋がほとんどないまま冬を迎えています。

東京では54年ぶりに11月に雪が降り交通機関が乱れ、通勤通学に苦労した事を覚えている方も多いのではないでしょうか。

私はその日、まさか11月に雪が降るとは思っていなかったので非常に寒い思いをしました…。
ダウンを解禁してしまいましたが、あまりの寒暖差に凍えながら帰った事を覚えています笑

12月〜2月にかけては気温が高い日が多く結果暖冬でした。

しかし猛暑のあと暖冬という事例は少ない為、今年は夏が猛暑だと冬は厳しい寒さになると予想します。

さすがにシベリアほど寒くなると思いませんが、それでも昨年と比べると寒いなぁと感じる日が多そうです…。

寒さが厳しくなる仕組みとして、

太平洋熱帯域の海面水温が高まる事で対流活動が活発になります。そしてこの地域で積乱雲の発生また維持が活発になり、偏西風が南へ蛇行する事で寒気の影響を受けやすくより寒くなります。

ここ最近もともと短かった秋がより短く、今年こそは短くても紅葉狩りやぶどう狩りなど秋らしい事をしたいなぁと考えています笑

また9月25日に気象庁から2017〜2018年にかけて、冬の寒候期予報が発表されています。

12月〜2月までの平均気温の予報となりますが、北日本で平年並みまたは高くそれ以外は平年並みと予想されています。

2016〜2017年冬が暖冬だったため、平年並みであっても今年の冬は寒いと感じる人が増えそうです。

関連記事:2017夏の暑さは猛暑で砂漠のよう?予想気温とラニーニャ現象の影響は?


予想気温や積雪量は?

Sponsored Link

上記では冬の寒さが厳しくなると予想してきました。
ここからは予想気温や降雪量はどのぐらいなのか予想して参ります!

予想気温は?

これまでの寒かった年の気温を参考に、東京の気温を予想していきます。

まず1981〜2010年までの東京の平均気温としては、12月7.6℃、1月5.2℃、2月5.7℃となっています。

また最低気温は12月3.5℃、1月0.9℃、2月1.7℃となっており、やはり1月がぐんと気温が下がっている事が分かります。

2017年は酷暑になるであろうと予想されている為、その反動から最低気温を更新してしまうかもしれません…。

その他の地域のこれまでの最低気温として、

北海道:12月-4.0、1月-7.0℃、2月-6.6℃

東北:12月0℃、1月-2.5℃、2月-2.3

関西:12月5.1℃、1月2.8℃、2月2.9℃

九州地方:12月5.6℃、1月3.5℃、2月4.1℃

地域によって大きく異なる場所がある為、あくまで目安にして頂ければ幸いです。

各地域で上記の最低気温から1〜2℃前後下がる日があるかもしれませんね。

予想積雪量は?

猛暑のあと寒さが厳しくなるとなると積雪量が気になります。

個人的に2010年が猛暑から冬の大雪がすごく印象に残って居ますが、調べてみるとそれ以上に2012年の方が積雪量がすごいですね…。

北日本を中心に、山形県や青森県の内陸部では、酸ヶ湯566cm、肘折414cm、尾花沢241cm、弘前153cmなど記録的な積雪を観測した地点があった。2月下旬は北日本で平年差-2.4℃となり、戦後10位以内に入る低温となった。

566cmなんてもう2階建の家丸ごと埋まってしまう高さです!

子供なら積雪が10cmぐらいまでであれば喜んで外で遊ぶと思いますが、さすがにここまで降ると恐怖を覚えるのではないでしょうか…。

今の所はっきりと断定は出来ませんが、もしかすると2012年のように猛暑から大雪になりこの記録を更新してしまうかもしれません。

※追記
9月25日発表の寒候期予報では、毎年降雪量が多い地域が発表されています。

北日本の日本海側では平年並みか少ない予想。
東日本の日本海側では平年並みの予想。
西日本の日本海側では平年並みか多い予想。

どの地域も平年並みという予想ですが、一部地域で少なかったり多かったりする可能性があります。

低気圧が急速に発達し大雪になる事もあるので、やはり平年並みと予想されても十分に備えておいた方が良さそうです。


まとめ

・2017-2018年の冬はそこまで寒くなく、平年並みか高めと予想されている。

・ただし、これまでの傾向から各地域で最低気温を更新する事が考えられる。

・降雪量も平年並みと予想されている。

関連記事:2016年の冬から2017年は凍える寒さ?厳冬の原因と予想気温まとめ

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link



1 個のコメント

  • 奄美沖縄は絶対に超暖冬になってほしい
    とにかく年末年始以外全国的暖冬は反対 ※12月26日から1月上旬。
    来年の冬暖冬になってもいいのは九州南部と四国太平洋
    大阪と近畿南部、山間部以外の静岡のみだ。
    それ以外は並冬がほとんどで、北日本は平年比-2.5℃~-3℃の超厳冬になってくれよ
    降水量と降雪量 日照時間は
    北日本と東日本の北関東と東海山梨富士五湖
    西日本は山陽と四国瀬戸内・九州北部のみ。
    記録的な大雪 日照不足 平年の50% 逆に曇り空の日が多い冬になってほしい

    逆に北陸山陰 近畿の日本海は日照時間は例年の2倍になってくれよ

    札幌で最深雪量180cm 青森で2m~3mくらい積もってほしい

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です