車椅子卓球茶田ゆきみのプロフィールや経歴は?逆回転のツッツキが神業?

   


ニュース番組のゴーイングに出演されていた車椅子卓球の茶田ゆきみさんですが、2020年開催の東京パラリンピックのメダル候補として期待されています。

テレビで初めて知りましたが、個人的に笑顔がすごく可愛い方だなぁと思っています笑

今回は茶田ゆきみさんのプロフィールや経歴、また神業と言われている特別なツッツキについてご紹介して参ります!
Sponsored Link


茶田ゆきみのプロフィールや経歴は?


出典:ohtani.gr.jp

名前:茶田ゆきみ(ちゃだ ゆきみ)

生年月日:1988年6月6日(28歳)
出身地:静岡県熱海市出身

茶田ゆきみさんはクラス3のうち日本人最上位の世界ランク19位です!

クラス3とありますが、障害の種類や程度、また運動機能によってクラス分けをされています。
(クラス1〜5までが車椅子選手、クラス6〜10までが立位選手、クラス11が知的障害者選手)

元々歩く事が出来たそうですが、小学4年生で9歳の時に授業中に教室で倒れてしまい、すぐに意識は戻ったものの、数時間後に足の感覚がなくなりそのまま歩けなくなってしまったそうです。

車椅子でも卓球を始めようとしたきっかけは、中学校の卓球部の先生や生徒から『車椅子で卓球をしている人もいる』と誘われた事で始められています。

9歳というと一番外を駆け回って遊びたい時期だったのではないでしょうか…。

もし私が歩く事が出来なくなったら、例え周りの先生や生徒から誘われても卓球をしようとは踏み切れないと思っています。

茶田ゆきみさんはきっと少しずつ前に進む事が出来る強い精神力の持ち主なのでしょうね。

中学1年から卓球を始められ、2015年には日本代表として国際大会に出場しています。

これまでの成績は、

2012年 国際別クラス シングル優勝・ダブルス優勝

2013年 国際別クラス シングル準優勝・ダブルス優勝

2014年 国際別クラス シングル準優勝 ジャパンオープン 団体戦優勝

2015年 韓国PTTオープン シングルス銅メダル
    国際クラス別パラ卓球選手権大会 シングルス優勝・ダブルス優勝
出典:svenson.co.jp

2012年から優勝と準優勝が続いているのが驚異的ですね…!

2015年からは日本代表として国際大会に出場されていて、日本肢体不自由者卓球協会のナショナルチーム育成選手に選出されています。

そして2016年にはナショナルチーム選手となり活躍されています。

2020年東京パラリンピックでは是非メダルを獲って欲しいと思います!

関連記事:女子バレー石井優希の目が細くて可愛くない?ツイッターと美脚画像あり


神業と言われる特別なツッツキは?

Sponsored Link

茶田選手の『ツッツキ』と呼ばれる打ち方には特徴があります。

その特徴は強烈なバックスピンをかける事で、相手は打ち返してもネットにかかってしまいます!

なんかテニスの王子さまの必殺技のようですね…笑

テレビで打っている所を拝見しましたが、バックスピンが凄すぎてあれでは返すことが出来ません。
打ち返せたからネットを越えそうだと思っても、ネット前で球威が落ちてしまいます。

ネットを越えるように打ち返すには、かかっている回転を相殺するか、少し高めに打ち返すしかないと思います。

仮にネットを越えたとしてもそこまで強く打ち返す事が出来ないため、茶田選手にとってはチャンスボールになりそうですね。

改めて思い出すとえげつない回転でした…笑

ちなみに使用されているラケットやラバーの情報が公開されていました!

ラケット:カルテットAFC
ラバー :V>15エキストラ
オメガⅤプロ
出典:svenson.co.jp

この情報を元に同じラケットやラバーを使用すれば、茶田選手のような強烈なバックスピンをかける事が出来そうです笑

ちなみにラケットの画像はこんな感じです!


出典:victas-jp.com

15000円+税で販売されていて、攻撃と守備のバランスが良いラケットと紹介されています。
オールラウンドを目指す選手に最適とのことです!


まとめ


出典:svenson.co.jp

・2015年から日本代表として活躍している!

・現在クラス3では日本人最高の19位。

・強烈なバックスピンがかかった『ツッツキ』が大きな武器!

関連記事:カラージェルランは初心者も完走?パウダー成分が有害で子供に危険?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link

 - スポーツ, 芸能