機内でヘッドホンが発火したメーカーは有名ブランド?日本で販売の可能性は?

Pocket

中国からオーストラリアへ向かう国際便の飛行機で、乗客が使用していたヘッドホンが発火していた事が分かったと報道されています。

この事故は2月19日に発生していて、3月15日に発覚と1ヶ月以上時間が空いている事に違和感を覚えます…。

今回は機内でヘッドホンが発火したメーカーについて、また日本で販売されている可能性について考察して参ります。
Sponsored Link


 発火したメーカーは有名ブランド?


出典:free-photos.gatag.net

2月19日に北京からメルボルンへ向かう旅客機の機内でヘッドホンが発火したと報道されています。

この事故が分かったのは3月15日と約1ヶ月後という事もあり、オーストラリア運輸安全委員会や発火したブランドが情報を操作しているように感じるのは私だけでしょうか…。

詳しい詳細としては、
女性乗客が音楽を聴きながら寝ていた所、出発から2時間後に大きな破裂音が聞こえたようです。

そして、女性が破裂音をした方を向こうとした時に、顔に焼けるような痛みを感じたと話しています。

実際に画像を確認しましたが、頬からアゴにかけて黒いすすが付いていました。
また手の一部も水ぶくれになっているようで、かなり高温であった事が分かります。

オーストラリア運輸安全委員会の発表では、ヘッドホンに使われていたリチウムイオン電池が発火したと推測しています。

今回発火したヘッドホンは女性の所有物で機内に持ち込んでおり、女性の画像を確認するとオーストラリア在住の方のようにも思われます。

この事から発火したヘッドホンは、オーストラリアで広く販売され人気のあるメーカーだと推測します。

2月19日に事故があったにも関わらず約1ヶ月後に事故の発表をした事から、ヘッドホンのメーカーは世界的に有名ブランドだったのではないでしょうか。

またリチウムイオン電池を使用しているという事は、『Bluetooth対応のワイヤレスヘッドホン』である可能性が非常に高いです。

私も少し前にスマホをiPhoneに機種変更しましたが、イヤホンジャックが廃止された事でBluetoothイヤホンを使用しています。

すべての商品が危険という訳ではありませんが、こういった事故が起こると使用を控えるべきなのかもしれないと考えてしまいます…。

関連記事:サッカーの試合中ベンチでパイを食べると規約違反?処罰や食べて良いものは?


 日本で販売されている可能性は?

Sponsored Link

今の所、発火したヘッドホンのメーカーは明らかにされていません。

事故の原因を調べきちんとした情報を公開するために約1ヶ月も発表をしなかった事も考えられますが、メーカーが情報を隠していた可能性もありそうです。

やはりオーストラリア運輸安全委員会へ圧力をかける事が出来るほどの有名ブランドという事なのでしょうか…。

そして、日本で販売されている可能性はあるのか気になります。

最近ではアマゾンなどの通販で海外製品を購入する事が出来るため、日本で販売されている可能性は高いと言えます。

発火原因がリチウムイオン電池使用のヘッドホンとなると、あまりにも数が多くなかなか絞る事が出来ない為、事故が発生したヘッドホンのブランドを明らかにして欲しいですね…。

また使用したリチウムイオン電池の製造番号を明らかにする事で、今後の被害を食い止める事が出来ると思うのは私だけでしょうか。

またメーカーを明かさないのは、全てサポートの対応が出来ず世界中に流通している事を裏付けているようにも感じてしまいます。


まとめ


出典:pictkan.com

・事故発生から約1ヶ月後の発表を考慮すると世界的に有名なブランドだと推測。

・日本でも販売されている可能性が高い。

・メーカーを明かさないのは、全てサポートの対応が出来ないほど世界中に流通している可能性がある。

関連記事:防水スプレーを吸い込むと有害?危険性と呼吸困難や肺炎の症状は?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link