清水富美加が神の為に生きたい理由は?宗教加入時期ときっかけは両親?


清水富美加さんが『幸福の科学』へ出家するとして、芸能界を電撃引退したと話題になっています!

あまりにも突然の引退で報道各社やテレビ局、ファンの方々も困惑していると思います。
私自身も清水富美加さんがレギュラーを務めていた番組を楽しみにしていた為、非常に残念に思います…。

今回は清水富美加さんが神のために生きたい理由や、幸福の科学への加入時期ときっかけについて考察して参ります。
Sponsored Link


清水富美加さんが神のために生きたい理由は?


出典:twitter.com

女優・タレントとして活躍していた清水富美加さんが2月12日電撃引退を発表しました。
あまりにも突然の引退で嘘ではないかと疑ってしまうほど驚いています…。

結婚であれば祝福出来ますが、数々の仕事を残して引退してしまうなんて非常に残念に思います。
事務所との契約期間も残っており、今回仕事が決まっている映画、テレビ、CMの企業が大きな打撃を受けそうです…。

映画では『暗黒少女』『笑う招き猫』を主役を、『東京喰種トウキョウグール』ではヒロインを務めています。
テレビのレギュラー番組としては『にじいろジーン』『シブヤノオト』を2番組務めており、CMでは『ニベア』『コスモ石油』の2つを務めています。

個人的には『にじいろジーン』を毎週楽しみにしていたり、『東京喰種トウキョウグール』がどう実写化されるか非常に気になっていた為、本当に残念に思っています…。

清水富美加さんが引退を発表した中で『神のために生きたいと思いました』という一文があります。
これは一体どういった理由からだったのか気になります!

すでに幸福の科学のホームページでは、清水富美加さんの出家について記載がありました。

この内容を確認してみると、

人道的映画に出たいという強い希望を持っていたにも関わらず、最近は、人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに置かれていました。仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”(憲法で禁じられています)ともいえる就労環境のなかで、ついには心身の不調をきたすまでになりました。
出典:happy-science.jp

また清水富美加さんは宗教の教えから『見てくれる方に元気や励ましを届けたい』と芸能活動をされてきたとあります。

自分が大事にする宗教の教えに反する芸能活動が増えてきてしまった為、今回芸能界を引退し自由になる事で、宗教の教えに沿った本来望んでいた人生を送る事が出来ると考えたのではないでしょうか。

以上のことから『神のために生きたいと思った』と話したのだと推測します。

これからは幸福の科学の教えと共に「この地球上に生きる、生きとし生けるもののすべてを幸福にする」を目的に宗教活動をされる可能性が高いです。

関連記事:川谷絵音が未成年ほのかりんに飲酒させ逮捕?罪状や刑罰内容は?


幸福の科学への加入時期ときっかけは両親?

Sponsored Link

清水富美加さんの幸福の科学への加入時期やきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

幸福の科学のホームページの情報によると、子どもの頃から宗教行事に参加していたようです。
物心がついた時にはすでに加入しており、宗教の教えや目的がある事が当たり前の生活を送っていたのだと思います。

年齢から予想すると、清水富美加さんは現在22歳で18年以上は加入している可能性が高いと推測します。
きっと宗教の教えがある事が当然といった生活を送ってこられたのだと思います。

では加入のきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

子どもの頃からしかも物心がついた時には加入していた事を考えると、やはり両親の影響が大きいと推測します。
もともと両親が幸福の科学に加入しており、子供である清水富美加さんも必然的に加入した可能性があります。

両親が信仰者であった場合、子供も信仰者となる可能性は非常に高いと言われています。

私の場合宗教とは違いますが、友達の家に行った際シチューに白いご飯を入れている光景を目にし衝撃を受けた事を覚えています…。
これまでシチューだけで食べるものと思っていた為、白いご飯を入れなかった両親の影響を受けるのは必然的なのかもしれません。


まとめ


出典:01.gatag.net

・宗教の教えに沿った本来望んでいた人生を送る事が神の為に生きる理由だと推測。

・物心がついた時から加入していた可能性が高い。

・きっかけは両親が信仰者でその影響を受けたのだと推測。

関連記事:今井絵理子のSPEED時代の年収がやばい?議員活動とどちらが稼げる?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link