山本貴義のプロフィールや年収は?雪遊びグッズの値段や販売店は?


そとあそビスト山本貴義さんが『マツコの知らない世界』に出演されると話題になっています!

週4日外で遊ぶプロだなんて、一体どんな職業でどんな仕事をされているのか非常に気になります…。

今回は山本貴義さんのプロフィールや年収、またオススメの雪遊びグッズについてご紹介して参ります。
Sponsored Link


山本貴義のプロフィールや年収は?


出典:corp.sotoasobi.net

名前:山本貴義
生年月日:1969年7月12日(47歳)
出身地:愛知県
職業:株式会社そとあそび取締役、有限会社TY-Back代表取締役

山本貴義さんは現在、取締役ファウンダー&そとあそビストとして活躍されています!
元々は企業に勤めながらアウトドアレジャーのガイドをされていました。

きっと休日を利用してガイドをされていた事を考えると非常に体力のある方なのでしょうね。
休日はゆっくり休まないと体が持たない気がします…笑

アメリカ・ワイオミング州での大自然と触れ合った事や、様々なアウトドア体験に感動した事から、もっと沢山の人にアウトドアレジャーを楽しんで貰いたいとアウトドアレジャー予約サイトを設立します。

そのアウトドア予約サイトは『そとあそび』という名前です!
アウトドアを楽しむ事を連想させる言葉として、これ以上ぴったりな言葉がないほどですよね笑

こちらからどんなサイトか確認する事が出来ます。
アウトドアレジャー予約サイト『そとあそび』

2004年より10年間一人で運営しており、その後現在の代表取締役である中島裕さんと共に株式会社を設立しています。

ちなみに山本さんが触れ合ったワイミング州のグランドティトン国立公園はこんな感じです!


出典:ja.best-wallpaper.net

私自身あまり自然と触れ合う機会が無いですが、これだけ見ても日本の自然とスケールが違う事が分かりますね…。
一度カナダへ行った時に見た雄大な山々に似ています。

またグランドティトンは標高4197mと富士山の3776mよりもさらに高いです!

気になる年収について考察してみます!
参考までにアウトドアガイドだけの年収や月収として高卒で15万円、短大卒で17万円、大卒で20万円、年収はおよそ180万円から250万円ぐらいとされています。

ある予約サイトの社員の平均年収が573万円という数字が出ています。

週4日外で遊んでいると言っても、どのアウトドアレジャーがオススメなのか確認する為に全国を飛び回っている為ある意味営業職に近いと思います。
取締役ファウンダーという事を考慮すると年収750〜1000万円ぐらいではないかと推測します。

関連記事:コンビニ和菓子評論家中原陽一のプロフィールは?ダイエット法と連絡先は?


雪遊びグッズの値段や販売店は?

Sponsored Link

番組では雪遊びグッズについて紹介されるとあって、値段や販売店が気になります。
いくつかありますが、今回は2つご紹介して参ります。

『White雪だーマン』


出典:item.rakuten.co.jp

価格:483円〜400円前後
スポーツオーソリティで取り扱っていたり、楽天でも購入する事が出来ます。
またスキー場の売店で販売している店舗もある為、運が良ければ現地で入手する事も出来そうですね。

雪を容器の中に押し込む事で簡単で綺麗に雪だるまが作れるという雪遊びグッズです!


出典:instagram.com
小さい頃雪だるまを作った事がある方も多いと思いますが、上下のバランスを取るのってなかなか難しいですよね…。
White雪だーマンを使えば非常に美しい雪だるまを作る事が出来ますよ!

『スノーフリング』


出典:rakunew.com

価格:864円
モンベルで取り扱いがありオンラインショップで購入が出来る為、取り寄せする事も出来そうです。
店頭でも取り扱いがある店舗がありますよ!

雪合戦をする際、どうしても雪玉を作るのが面倒ですよね…。
スノーフリングはそんな面倒を一気に解決し、より遠くへ飛ばす事が出来る画期的なアイテムです笑

使い方を説明している動画があった為、こちらから確認する事が出来ます!

カラーは赤、青、緑、黄色の4色あるようですが、モンベルのオンラインショップでは色の指定が出来ないようです。
これで延々と雪合戦を楽しむ事が出来そうですね笑


まとめ


出典:item.rakuten.co.jp

・山本貴義さんは取締役ファウンダー&そとあそビストとして活躍している。

・年収は750〜1000万ぐらいと予想。

・スノーフリングは雪合戦の面倒を一気に解決してくれる優れもの!

関連記事:お風呂のソムリエ松永武のプロフィールは?バスグッズの選び方やブログは?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link