大宮のいきなりステーキが火元?火災原因とフェーン現象の関連性は?

      2017/05/14


22日に新潟県糸魚川市で大規模な火災が発生しましたが、大宮駅でも火災が発生したと報道されています。

関東では風が強く糸魚川のような大規模火災にならないか非常に心配です…。

今回は大宮で火災があった場所や原因、またフェーン現象との関連性について考察して参ります。


Sponsored Link


大宮で火災があった場所や原因は?

1346134089-steak-597949_1920-rk2k-1280x853-mm-100
出典:pictkan.com

12月22日の22時55分ごろ大宮駅周辺で火災があったと報道されています。
少し前には新潟県糸魚川市で大規模火災がありようやく鎮火した所だった為、私を含め驚いた方も多いのではないでしょうか。

今回火災があった場所としては『いきなりステーキ大宮東口店』で大宮駅の大通りすぐにお店があります。

地図で確認してみると、

住所 埼玉県さいたま市 大宮区大門町1-19-65

駅が目の前にあり、県道214号線の交差点を曲がってすぐの場所という事が分かります。

関東では風が強く、火の粉が飛んで周りを巻き込み大規模火災にならないか非常に心配です…。
雨が降っている為、糸魚川の火災より鎮火しやすいように思われます。

となりのお店にはとんかつのお店があり、揚げ物に使用する油に引火するのではないかという不安も残ります。

すでに消防車16台が出動し消火にあたっているとの事です。
けが人が出たという情報は無く、火災があった通りは現在通行止めとなっています。

原因としては、油に火が燃え移ったという通報を受けている事が分かっています。

営業時間が23時までの為、閉店間際でお客さんが少ない時間に片付けをしており、何かしらの不注意で引火してしまったのではないでしょうか。

いきなりステーキに行った事がありますが、店員さんの行動を観察している限り油を使用するのはステーキを焼くぐらいでしょうか。
ステーキを焼いているすぐ近くで、焼く為の油の補充を行っていて、不注意からこぼしてしまい引火したという事は考えられそうです。

関連記事:はごろもフーズツナ缶にゴキブリ混入の商品名と製造番号は?賞味期限で判断?


フェーン現象との関連性は?

Sponsored Link

新潟県糸魚川で発生した大規模火災では『フェーン現象』が関連しているのではないかと言われています。

フェーン現象について、

水蒸気を含む空気が山を越えたときに、山の風下側の気温が上昇する現象をフェーン現象といいます。

フェーン現象が発生したときに、空気が乾燥します。乾燥しているときに、強い風が吹くと、火災が起きやすいばかりか、仮に火災が発生したときに、強風により火が燃え広がりやすく、大火となることがあります。

出典;jma-net.go.jp

太平洋側から日本海側へ向けて空気が山を越えたとされています。

実際に糸魚川市の気温は10時の時点で17.6℃、13時では20.0℃まで上がっています。

また強風注意報が出ており、午前10時には最大風速14.2メートル、正午過ぎには最大瞬間風速24.2メートルを記録していました。

14.2メートルでは風に向かって歩きにくくなるほどの強さで、24.2メートルにもなれば瓦がはがれたり被害が出る可能性があります。

では、大宮で発生した火災にはフェーン現象は関係しているのでしょうか?

22日の22時の時点で気温は10.4℃また風速は1.9メートル、23時では気温9.8℃また風速1.9メートルを記録しています。
そして21時13分には最大瞬間風速5.8メートルを記録しています。
さいたまの気温、風速リンク

この事から、関東では風が比較的強かったですがフェーン現象と関連性があるとは言い難いと思われます。
油に火が燃え移った際、よほど油の量が多かったのではないでしょうか。


まとめ

lgf01a201412231600
出典:free-photos.gatag.net

・火元は『いきなりステーキ大宮東口店』

・火が油に燃え移った事で火災が発生したと言われている。

・糸魚川市の大規模火災のようにフェーン現象との関連性があるとは考え難い。

関連記事:防水スプレーを吸い込むと有害?危険性と呼吸困難や肺炎の症状は?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link

 - ニュース