サンマ蒲焼き缶で金属片混入の製造番号や賞味期限は?補償と再販時期は?

この記事は3分で読めます

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-2-11-04
Sponsored Link


11月4日にマルハニチロはさんまの蒲焼き缶の缶詰3種類を回収する事を発表しました。
購入者から金属片が混じっていたという報告を受けて、即座に対応した結果となります。
今回は金属片が混入した同じ缶の製造番号や賞味期限、また補償と再販時期について考察して参ります。


サンマ缶回収の製造番号や賞味期限は?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-2-11-04
出典:maruha-nichiro.co.jp

11月4日にマルハニチロは販売している3種類のサンマの蒲焼き缶を回収すると発表しています。
今回3種類という事でその数は約2779万個という膨大な数となります。

種類によって値段が変わりますが、それぞれ126円〜107円ほどの為、高めに見積もると約35億円ほどの損害となりそうです…。

セブン&アイ・ホールディングスへ向けて製造したサンマの蒲焼き缶の中から、『金属片が入っている』と1日に購入した方から申し出があり回収する事となっています。

セブン&アイ・ホールディングスといえば、あのコンビニ大手である『セブンイレブン』やスーパーで有名な『イトーヨーカドー』などがあります。

その他には東北地方を中心に出店している『ヨークベニマル』や、首都圏中心では『ヨークマート』、高級路線の『ザ・ガーデン自由が丘』など主に食に関わる機会が多い企業と言えます。

今回金属片が混入したさんま缶を取り扱っている可能性がある店舗として、高級路線の『ザ・ガーデン自由が丘』を除く上記のほとんどの店舗であると考えられそうです。

私もよくセブンイレブンやイトーヨーカドーを利用する機会があり、サンマ缶美味しそうだなぁと思っていました。
さんま缶という事で季節を問わずいつでも食べられますが、秋も深まってきて、丁度さんまが食べたい季節なのに食べられないのはちょっと残念に感じています…。

混入した原因としては、製造ラインでX線異物検出器を導入していますが、間違えた設定をしてしまったとの事です。

金属片は17ミリ大という小指の先ほどでかなり大きいですが、10ミリ以上の異物は検出しないようになっていました。

製造された工場としては釧路工場で製造され、金属片は焼き網の一部と推測されています。

今回金属片が混入した商品名と製造番号、賞味期限ですが、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-1-40-48
出典:maruha-nichiro.co.jp
『セブンプレミアム さんま蒲焼き100g』
製造番号『MNKK』
賞味期限 2019年6月17日および2016年11月12日〜2018年5月14日

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-1-40-56
出典:maruha-nichiro.co.jp
『マルハ さんま蒲焼き100g』
製造番号『MNKK』
賞味期限 2016年12月1日〜2018年5月1日

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-1-41-01
出典:maruha-nichiro.co.jp
『マルハ 北海道産さんま蒲焼き 秘伝つけ焼き100g』
製造番号『MNKK』
賞味期限 2016年12月1日〜2018年5月1日

以上の3種類が該当商品です!

記載場所としては、缶の側面で『MNKK 2018.5.1』といった形で記載されています。

お手元にある方は一度確認して、該当商品であればマルハニチロお客様相談室に連絡すれば対応して貰う事が出来ます!
先日のツナ缶に虫が混入した企業とは対応が全く違い、これだけ迅速に対応すればすぐに信頼も回復すると考えます。

関連記事:冷凍メンチ食中毒の感染経路や原因は?自宅冷蔵庫の危険性と対処法は?


補償と再販時期はどうなる?

Sponsored Link

上記では回収されているサンマ缶の商品名と製造番号、賞味期限についてご紹介して参りました。

該当商品をお持ちの方の補償としては、後日商品代金の返金が行われます。

補償の受け方として、マルハニチロに該当商品を着払いで送ります。
その際、郵便番号、住所、名前、電話番号の記入を必ずしておく必要があります。
詳しい送り先のpdfリンク

サンマの蒲焼き缶はこれまで買いやすい値段設定で、手に取りやすい商品でした。
お酒のおつまみに購入される方も多かったのではないでしょうか?

今回の回収を受けて、当面は品質管理の徹底と再発防止をする為、安全が確保されるまで店頭から姿を消す事となりそうです。

以前虫が混入したペヤングの再販でも約5ヶ月かかった為、もしかすると同じく5ヶ月ぐらい食べられなくなる可能性があります。


まとめ

saya160312050i9a3455_tp_v
出典:pakutaso.com

・製造番号は該当商品3種類が共通して『MNKK』

・賞味期限は一番長いものでは2016年6月17日まで持つものがある。

・着払いにて送れると後日返金して貰う事が出来る。
・再販まで5ヶ月ほどかかる可能性がある。

関連記事:はごろもフーズツナ缶にゴキブリ混入の商品名と製造番号は?賞味期限で判断?

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

201107301600

ニュースや気になる事を運営者wataruが
簡単かつ分かりやすく記事にまとめ、
ご紹介していくサイトです!
詳しいプロフィールはこちら!

ポーターを修理したいけど期間や料金が気になる!

鎌倉gramで世界に一つだけの指輪をお手頃価格で作りたい!

男女兼用でオンオフ問わず使えるレザーバッグはこれ!

街中で良く見かけるペンギンロゴ、実はペンギンじゃない?