クリス・ヘムズワースがイケメン過ぎる?プロフィールとインスタ画像まとめ


映画『スノーホワイト/氷の王国』でハンター・エリック役を演じるクリス・ヘムズワース。

過去にはマーベルコミック原作の映画『マイティ・ソー』の主人公であるソーを演じていましたね。
北欧神話の雷神トールをモデルにしたキャラクターで、映画をどこかで見たという方が居ると思います!

今回はそんなクリス・ヘムズワースについてご紹介してまいります。

Sponsored Link


クリス・ヘムズワースのプロフィール

chris_hemsworth___thor_6_by_thortheavengergod-d7eoika
出典:thortheavengergod.deviantart.com

生年月日:1983年8月11日(32歳)
出身地:オーストラリア ビクトリア州 メルボルン
身長:191cm
好きな食べ物:ハンバーガー、アイスクリーム、チョコ
趣味:サーフィン
兄弟:ルーク・ヘムズワース リアム・ヘムズワー
妻:エルサ・パタキー
子供:娘、双子の息子 合計3名

メルボルンといえば世界一住みやすい街に選ばれた事がある街ですね!

ゆったりした街並みに食をはじめ教育、芸術、医療、インフラ設備、スポーツなど、どれもしっかり整備されている事で知られています。

こんな街で過ごすクリス・ヘムズワースさんは、インタビューからも分かりますが非常におおらかな性格をしていますね。

こんなイケメンがおおらかに優しく接してくれるなんてファンの方はたまらないです!

そしてあまりにも意外だったのは、好きな食べ物がジャンクフードが多い事です!

ハンバーガーにアイスクリーム、チョコレートとどれも非常に美味しいですよね。
世界的に有名な俳優さんでもこのような食べ物が好きだなんて親近感が湧きますね笑

『白鯨との戦い』にて遭難してしまった役を演じるため、好物を食べる事が出来なくなりその撮影時はちょっと可哀想でした…。

これまでの出演作品として、

2011年公開の『マイティ・ソー』にてソー役を、また2012年公開の『アベンジャーズ』などに出演。

他に『ラッシュ/プライドと友情』でジェームス・ハント役を演じている。

2016年公開『スノーホワイト/氷の王国』、『ゴーストバスターズ』にも出演。

そして、2017年には『マイティ・ソー』の第3弾の撮影が決まっています!

まだ32歳のため、これからもますます活躍していきますね。

お子さんもまだ小さいようなので、大きくなる頃に一緒に映画で共演なんて有りえるかもしれませんね!

関連記事:実写ハガレンのアルフォンスは三浦春馬が演じる?配役予想と衣装画像?


役作りのためには何でもする?

Sponsored Link

クリス・ヘムズワースさんは非常にまっすぐで、役作りのためとあれば何でもしています!

白鯨との戦いでは遭難者役を演じるために自慢の筋肉をそぎ落とし、激やせしてファンが卒倒しそうな時期もありました。

筋肉質なイメージが強いですが、まさかこんなに痩せ細っているなんて驚いてしまいますね!

189181
出典:cinemacafe.net

またあるときは、マイティー・ソーのソー役を演じるために筋トレで9kgもバンプアップしています。

190cmの理想体重は約76kgのため、9kgというと体重の約8分の1に匹敵します!
これほどの重さの筋肉を付けるにはどれほどの食事と筋トレが必要なのか未知の領域ですね…

Chris-Hemsworth-Home-And-Away-Thor-600x400
出典:whatculture.com

スノーホワイト/氷の王国では、英語のスコットランド訛りをマスターして演技をしています!
普段使っている言葉を訛りを変えて演技と会話をするというのは非常に難しいと思います。

映画を撮る側として、これだけ役作りに対して真っ直ぐ真剣に取り組んでくれるクリス・ヘムズワースさんには、色々な役をお願いしたいと思わせてしまうのでしょう。

その他色々な画像をこちらからも見る事ができますよ!
クリス・ヘムズワースのインスタ画像


まとめ

212900
出典:cinemacafe.net

・クリス・ヘムズワースはハンバーガーやアイスクリームといったジャンクフードが好物!

・何事にも真剣で真っ直ぐ向き合う性格はゆったりとした街メルボルが影響している!

・役作りのために極限まで痩せたり、鋼の肉体にしたり英語の訛りまでコントロールする!

関連記事:とと姉ちゃん坂口健太郎はイケメンではない?雰囲気とインスタ画像まとめ

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link