ウィーン少年合唱団は楽器も演奏する?2016年の感想と今後の日程は?

この記事は3分で読めます

top_img
Sponsored Link


ウィーン少年合唱団が2016年も来日公演をしています。
今回5月3日に六本木のサントリーホールにて行われた公演を、
たまたま観る事が出来ました!
『天使の歌声』と言われている歌声を生で聴けるとあって、
本当に楽しみに行って参りました。
今回はそんな2016年の公演の感想と、
今後の日程についてご紹介して参ります!


ウィーン少年合唱団とは

15_4945_03

写真引用:www.lukasbeck.com
関連記事:レッドブルエアレース千葉2016の優勝はどこの国?また混雑状況は?

500年以上前に原型となった合唱団が創設され、
1924年にウィーン少年合唱団として公式に創設されています。

この合唱団は私立の全寮制学校で、
10歳から14歳までの約100名のメンバーは全員アウガルテン宮殿で生活しています。

一般的に10歳から14歳といえば、
親と離れると思うと寂しいですよね。
この年から全寮制で暮らし世界中を飛び回ってコンサートしているとは驚きです!

ちなみに少年達が寂しい思いをしないように、
家族や友達と自由にメールしたりインターネットが出来る環境を整えられています。
また公演前の練習では、
近所の子は親元から通いながらより集中できるように配慮されているようです。

世界中を飛び回る前に普段会えない家族と一緒に過ごしてリラックスし、
あの長い公演を乗り切っていくのです!

パート編成は『ソプラノ』と『アルト』のみで構成されており、
声変わりや卒業の年である14歳になると退団します。

これは『天使の歌声』というイメージを保つ為に設けられています。
やはり声変わりをしてしまっては天使のイメージは壊れてしまいますよね!

約100名という事でコンサートに25名ずつのグループに分けられています。
『モーツァルト』『シューベルト』『ハイドン』『ブルックナー』の4つのグループです!
1グループが世界中に公演に行き、
残りの3グループは学校で勉強をしているという学校生活を送っているようです。

親元を離れる寂しさはあると思いますが、
世界中を飛び回って色々な国を自分の目で確かめられるのはとても魅力的に思ってしまいますね!


2016年の公演の感想

Sponsored Link

5月3日に六本木一丁目にある『サントリーホール』で行われたコンサートを観てきました。
丁度GWという事もあり、
サントリーホールの前で子供向けの工作イベントもあり賑やかでしたよ!

今回は『ウィーン少年合唱団と巡る四季』というAプログラムを観てきましたが、
まず最初に思った事がサントリーホールが非常に綺麗!

内部が複雑に入り組んだ構造をしており、
低音が1階席で増幅されて心地よく響き、
高音はスコーンと上に抜けていく印象がありました。

肝心の感想ですが、
まさに『天使の歌声』でした!

何度かテレビで聴いた事がありましたが、
生で観て聴くとまったく違いますね…
テレビのスピーカーではカットされてしまう倍音が、
体全身で感じる事が出来て非常に心地よい歌声でした。
音程もしっかりしているため非常に聴きやすかったです。

また歌声だけではなく、
ギターやチューバ、クラリネットのような楽器を演奏する一面を見る事も出来ました!
どれも綺麗な歌声に華を添えるように、
きらびやかな音色を奏でていましたよ。
楽器まで演奏できるなんで本当に多彩ですよね!

プログラムの構成では、
菅野よう子『花は咲く』
森山直太朗『さくら』
日本古謡『さくらさくら』
といった一度は耳にした事がある曲を歌っており、
どれも日本の歌と思えないほど素敵なアレンジでした!

日本人の男の子が2人参加しており、
2人とも次の曲紹介をしてくれる場面もありました。

目を閉じると本当に少年達が歌っているとは思えないほどの美声で驚きました。
今回は『Aプログラム』だったため、
これは『Bプログラム』も観に行きたくなりますね!


今後の日程は?

top_img

写真引用:japanarts.co.jp/wsk2016/index
関連記事:第8回AKB総選挙今年は新潟で誰がセンターに決まる?2016年の予想は?

ウィーン少年合唱団のホームページを見てみると、
現在6月19日(日)東京オペラシティ コンサートホールで公演がある所まで確認ができます。
その他も決定次第、順次掲載していくようです。

公演日程のリンクはこちら

しかし、
2014年、2015年と公演を確認してみましたが、
いずれも6月中で公演を終了し帰国している事が分かります。

終了直前の公演は3日続けて『東京オペラシティ コンサートホール』にて行われる可能性が高いため、
2016年は6月17日、18日、19日の3日で公演をして帰国すると予想します。

まだいずれの日程も発売中のため、
気になる方は早めの購入をお勧めします!
『東京オペラシティ コンサートホール』のリンクはこちら

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

201107301600

ニュースや気になる事を運営者wataruが
簡単かつ分かりやすく記事にまとめ、
ご紹介していくサイトです!
詳しいプロフィールはこちら!

ポーターを修理したいけど期間や料金が気になる!

鎌倉gramで世界に一つだけの指輪をお手頃価格で作りたい!

男女兼用でオンオフ問わず使えるレザーバッグはこれ!

街中で良く見かけるペンギンロゴ、実はペンギンじゃない?